看護師

糖尿病が怖いならば

ドクター

きちんとした値を知ること

何か食べ物を摂取したときに、それらに含まれる成分の働きで血糖値が上がることがあります。その上がり幅が基準値から大きく外れていないのなら、血糖が及ぼす健康面での問題はないでしょう。しかし、基準値を大きく上回ってしまった場合は、糖尿病という厄介な病気を発症してしまうことがありますので注意が必要です。もしも、糖尿病の症状がでているというのなら、すぐに病院に訪れて検査をしてもらったほうが良いでしょう。ですが、症状が何もでていない場合は、病院に訪れる必要はないと考えるかもしれません。確かに健康的な生活を続けているというのならそれでも大丈夫ですが、不摂生な生活だと自身で認識しているなら、一度病院で血糖値を測ってもらったほうが安心できます。

まずはドクターの元へ

血糖値を測るための機器が販売されているため、そちらを利用して基準値かどうかを調べようと考えるかもしれません。しかし、その機器は治療が必要な方が使うために開発されたものなので、自身でのコントロールをおこなうことを考えていても、最初は医療機関を利用するのが正規の手順です。国民健康保険が使えれば、それほど診察費用もかかりませんので、いきなり機器を購入するのはやめておいたほうが無難でしょう。なお、血糖値が上回っているのは問題ですが、基準値を大きく下回っているのもかなりの問題だとされています。血糖値が低すぎても体に色々な深刻な症状がでますので、それらを調べてみて当てはまるものが多いなら、病院で診察してもらうことを推奨します。