看護師

先天的な脳の血管の病気

診察

脳出血による症状

脳動静脈奇形とは、脳に起こる先天的な血管の病気です。人間には、酸素と栄養を運ぶ「動脈」という血液と、細胞から二酸化炭素と老廃物を受け取って心臓に戻す「静脈」という血管とがありますが、母体の胎内にいる間に脳の動脈と静脈、毛細血管とがうまく分かれることが出来ず、動脈と静脈とが直接つながってしまった場合に脳動静脈奇形となります。動脈は、だんだん細分化されて細くなり、毛細血管となる過程で圧力が分散されますが、その過程を飛ばして直接静脈に圧力が加わるため、血管の弱い部分が破れて出血する症状が現れます。部位によってはくも膜下出血となったり、手足の運動障害などが起こったりしますが、出血に至らなかった場合でも、周囲の脳に影響するためけいれん発作を起こす場合があります。病気の有無はCTやMRI、血管造影などで知ることが出来ます。

手術と放射線による治療

脳動静脈奇形に対する投薬治療は存在しませんが、けいれんを発症した場合にはけいれんを抑制する投薬が行われます。脳動静脈奇形の治療としては、脳出血を防ぐための手術が行われます。将来的な出血のリスクを回避するためや、一度でも出血した場合の再出血の予防のために行われます。脳血管造影などで詳細な診断を行い、開頭して摘出を行うか、開頭手術が困難な部位の場合は放射線治療が行われます。また、股の付け根から血管内にカテーテルを通し、脳の中の病気の血管に薬を注入して血管を閉塞させる手術もあります。カテーテル手術は患者の身体に負担が少なくて済むため、カテーテル手術だけで治療できる場合はそちらを、難しい場合は放射線治療と組み合わせて行う場合もあります。